FOVEONISTA

the SIGMA Foveon X3 photograph, and more.

片側半分が暗い写真をPhotoshopで補正する

Le Kruse après correction

「Le Kruse après correction」

 

基本的には、本来の画を損ねるような補正は好きじゃないんです。

でも、「納品しようにも原本これしかない!」とか、補正テクが必要な事ってやっぱあるので、メモ。

フラッシュを使った撮影やライティングをミスったとかで、片側が暗くなることありますよね。

現場で気付いて撮り直せれば良いのですが、そううまくはいかない。そんな時は潔くPhotoshopを頼りましょう。

by Photoshop CS6 です。簡単です。

 

この写真は左側が暗いので、この部分を少し明るくします。

補正前

(これはサンプルで意図的に暗くしてます)

グラデーションをかける

 

 

1. 新規レイヤーを作り、グラデーションツールでグラデを大きめにとります。選択範囲を作るので、明るくしたいところを覆うようにグラデをかけます。

片側が透明になるグラデーションを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

選択範囲をつくる

2. レイヤーウィンドウの「レイヤー1」のサムネイルの部分を「⌘command + クリック」して選択範囲を作ります。

これが今作ったグラデーションの選択範囲になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規調整レイヤーの「トーンカーブ」

3. レイヤー1はお役御免で目玉隠し。元写真(この場合は「背景」)の明るさを補正しますので、このレイヤーをクリックして選択します。

明るさの補正には「トーンカーブ」を使うと良いでしょう。

この時、

イメージ/色調補正/トーンカーブ

ではなく、

レイヤー/新規調整レイヤー/トーンカーブ

を使うのがポイント。

前者は写真そのものを調整するので、保存終了後もとに戻せません。

後者は元写真の上に効果を乗せるので、保存終了後も元写真が残っています。

*CS6ではウィンドウメニューに新規調整レイヤーがまとまっていて便利なので、常に表示させておくのがオススメです。

4.これで完成。

before / after

before / after

 

グラデーションを使うことで、右側はそのままに、グラデをかけたところだけ補正できます。

光の具合で諦めた写真があったら、ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

Leave a Reply