FOVEONISTA

the SIGMA Foveon X3 photograph, and more.
Posts Tagged ‘howto’

SIGMA DP2 Merrill のフードにレンズキャップを付ける

DP2 Merrillの弱点。それは

「フード」を付けると「レンズキャップ」を付けられない。

「レンズキャップ」を付けると「フード」を付けられない。

という選択に迫られること。

人生は選択の連続だ。

でも、工夫で解決できるならそれに越したことはない。

ということで、Twitterで KAZUAさん(@kazua0213)に教わった工作をしてみました。ありがとうございます。

 

【用意するもの】

DP2 Merrill フード工作 01

  • DP Merrill用のレンズフード LH2-01
  • 49→52mm径のステップアップリング ¥735 ※お好みで他のリングでも良いと思いますが、キャップは52mmがぴったり。
  • 52mmのレンズキャップ ¥330
  • ホットボンド ※ゼリー状瞬間接着剤でもいけるかもしれない(未確認)

 

【完成予想図】

DP2 Merrill フード工作 06

「純正のこんなフードが欲しい」

【工作手順】

1. ホットボンドを用意。レンズフードにホットボンドを塗る

ヨドバシの模型コーナーに売ってました。Amazonでも買えます。ホットボンドやピタガン等で検索!

Amazon例 「ピタガン」¥874(8.14 2012 現在)

光線銃に接着剤の棒を差し、電源ON。

すると熱で溶けた棒が接着剤になってトリガーを引くと「うにゅ」っと出てくるという、いわば工作銃です。

DP2 Merrill フード工作 失敗例

(失敗例。フード本体に塗ろう)

まずステップアップリングの接着面に塗ってみました。が、乾くのがとても早い!

こんな写真撮ってる間に乾いてしまい、失敗。ペリペリ剥がすことに。

これはレンズフードに直接塗って速攻リングを圧着して接着するしかない。とにかく固まるのが早い!

合わせてみて、ココだ!と思ったところで素早く引き金を引きましょう。

 

2. ステップアップリングを接着する

DP2 Merrill フード工作 03

ボンドを塗ったら、すぐステップアップリングを押し付けて接着すること。

失敗した場合、固まったボンドを剥がすことができるので、やり直しが効きます。ちょっと汚れるけど。

 

3. 完成ッ!

DP2 Merrill フード工作 04
これで完成。簡単なのでお試しあれ。

ぼくはフードつけっぱなし派なので、普段はレンズキャップを付けずにフードのみでレンズ用袋に入れて持ち歩いてます。

袋:HAKUBA トリコットスエードポーチ M

ストラップ:Crumpler “The NOOSE”

これで更なる安心を手にし、ガシガシ持ち歩けます。

シグマさんにはぜひもう一工夫して欲しい。

レンズキャップ装着可能なフード、またはこのフードにガボっと被さる専用キャップ等、発売して欲しいですね。

DP2 Merrill フード工作 07

DP2 Merrill フード工作 完成図